つわり中の食事に困りました

妊娠初期のつわりが酷くて食事に悩んでいました。

妊娠した事が分かったときはあんなにうれしかったのに、今は地獄のような気分です(>_<)
早くつわりが終わったらいいのに、っていう事だけが頭の中で回っています。

気持ち悪くてあまり起きていることができず、唾液がどんどん出て来て口の中が苦いです。ちょっと何か食べると口の苦みや気持ち悪さがなくなるのですが、困ったのは食べている間だけなんですよね、楽になるのが((+_+))

なのでコーラやポテトチップをちびちびと口に入れているのですが、本当にこんな食生活でお腹への影響が大丈夫なのか心配でした。栄養は偏るしカロリー高めだし、何より、こんなのが原因でお腹に何かあったら悔やんでも悔やみきれません。でも気持ち悪いからつい・・・

そこで、産婦人科のお医者さんに聞いてみるとつわりが酷いときは自分が食べられるものを食べれば良いとの事でした。なんでも胎盤が完成する4ヶ月目までは赤ちゃんは卵から栄養を摂っているみたいで、それまではとりあえず食べられるもので栄養を取ればいいとか。

それと葉酸やミネラルを摂るとつわりが多少楽になるという事も言われました。

とはいえ、コーラとポテトチップだけで葉酸やミネラルが足りるはずもなく、、何かつわり中でも食べられるものでいいのないかなと探したのがサプリメントでした。

食べれない時の栄養不足はサプリメントでおぎなう

夏場、とくにつわりがひどくなったように感じました。
たぶん、体感的につらいんだとおもいます。
暑いと気持ち悪さが倍増するので・・・

ほとんど何も食べれない時はやっぱり栄養不足が心配です。
そんな時期に助かるのが、栄養をたっぷり含んだ葉酸サプリメント。

葉酸は、じゅうぶんに摂れば多少つわりが良くなると言われたのと、お腹の子供にもいい影響があって先天異常の確率が減るという事で必須ですね。

それとつわりはミネラル不足が関係しているそうです。
また亜鉛が不足するとつわりがひどくなると言います。
葉酸だけでなく、これらの栄養素を、つわり中でも飲めるものがいいなと思います。

また、妊娠中に口の中にいれるものなので、天然成分で添加物不使用なのが大事だと思いました。ちょっと敏感すぎるかもしれませんが、放射能チェックもされているとより安心できました。

なによりつわり中はしっかりしたものが食べられず、栄養が偏りがちなのでできるだけ栄養素が豊富なものがありがたいですね。

おすすめのサプリ

  • ベルタ葉酸サプリ

    雑誌でよく取り上げられている人気サプリです。無添加・無香料で日本国内で生産しているので安心感がありますね。葉酸のほかビタミンミネラルも豊富で、他のサプリと比べるとコラーゲン・ヒアルロン酸などの美容に良い成分が含まれているのが特徴です。粒は小さくなっていて、つわりで気持ち悪い時期でも飲みやすくなっているのがいいですね。


  • 美的ヌーボ

    東尾理子さんがのんでいることでも有名なサプリです。天然素材の葉酸とビタミンが豊富なのが特徴で、他より栄養素が豊富なぶん、1粒が大きいのはちょっと飲みにくいかも。でも包丁やタブレットカッターで割って飲む人も多く簡単に割れるので問題ないですね。放射能検査もされているようです。ほとんどの人が3日以内に効果を実感するというアンケート結果があり即効性が期待できます。


  • AFC葉酸サプリ

    低価格なのでコストパフォーマンスの高さが人気のサプリです。錠剤はより飲みやすく小さいサイズに変更されたみたいで、味と香りを抑えるコーティングがされているのがつわり中には飲みやすくてありがたいですね。一部で食品添加物は入っていますが安全性は厳しく管理されていて、放射能もチェックされています。

他人が思っているよりつらい妊娠生活

外で妊婦さんを見かけると幸せそうで羨ましくなったりします。でも、実際の妊娠生活はそんなやさしいものではありませんでした。

まず妊娠が判明する初期から始まるつわり。初めは胸がむかつく程度ですが、周期が進むにつれてひどくなってきました。食べ物のにおいはもちろん水回りには近づけず、歯磨きもまともにできない毎日が続きます。食べれないと思うと余計に食べ物のことを考えてしまい、何なら食べれるのか悩みます。実際食べれると思っても口にしたらダメだったりすぐにお腹いっぱいになってしまったりしました。そんなつわりもある日を境に急に楽になったりします。今までダメだった匂いも気にならなくなり、快適な妊娠生活が送れるようになります。でも、しばらくすると今度は自分の体重管理に気をつかわなくてはいけません。つわりが治まってからは食欲が増すので体重が増え続け産婦人科の先生から注意を受けることもあります。

6ヶ月を過ぎるとお腹が目立つようになり息苦しくなったりします。夜中にも数回目が覚めたりトイレで起きるようにもなります。このころからぽこぽこと胎動を感じるようになるので楽しみもあります。

後期は重くなった自分の体で動くのもつらく、夜寝るときに寝返りがなかなかうてません。こむら返りにも気を付けるようになりました。とくに明け方は要注意です。

妊娠期間の10ヶ月は想像以上にしんどいものですが、その分出産はかなりの解放感が味わえます。あの瞬間はとても幸せです。

妊娠中はとにかく胸焼けがひどかった

妊娠検査薬で確かめる1ヶ月ほど前から胸焼けのような気持ち悪さが毎日続きました。

さっぱりした物以外は食べたいとも思えなくなり、微熱も続きました。

硬いものや脂っこいものは胃の中で残留感があり、消化しきれていない感じがしました。

途中からは毎食後吐き戻す日が続きました。吐き出したものは砕けることなくそのまんまの形のことが多かったです。

グレープフルーツジュースや水っぽい果物やアイスを好んで食べてしまっていました。

なんとなく口寂しくお菓子もやめられませんでした。でも、ナッツ系は消化しきれず毎回履いていました。

肉より魚がよく食べたくなりました。さっぱりとおろしポン酢などで食べていました。当時暮らしていたアパートには魚焼きグリルがなく、フライパンで焼くことになりかなり苦労しましたが。

妊娠後期になると貧血気味になり、血液検査でも貧血の結果が出ました。

レバーやほうれん草をたくさん食べていました。そこまで好きではないのでちょっと辛かったです。

妊娠中はずっと眠気もひどく、よく昼寝していました。睡魔に勝てないことなんてあまりなかったので、自分でも驚くくらい眠っていました。

幸い、体重の増加やむくみに苦しむこともなく、産後直後は+1キロで済みました。

吐き戻す日々は辛くしんどかったですが、体重が増えすぎなかった点では良かったかもしれません。

ただ、お腹の赤ちゃんの事を考えたら、ちゃんと栄養が送れていないんじゃないか?
実はお腹をすかせているんじゃないか、なんて、本当に心配になるぐらい、まともな食事を取れてなかったです。

何も食べられないという事は、当然お腹への栄養もその分届かなくなると思うので、
何か食べよう、食べなきゃ・・・そういう気持ちは当然あったのですが、体が受け付けない。

今思えば、こういう時こそ、サプリメントの力を借りてもよかったんでしょうね。
葉酸サプリは葉酸だけでなく、妊婦に不足しがちな栄養を沢山含んでいるものもありますから、
そういった、栄養の豊富なサプリメントで、口からどうしても入れられない栄養を補っていくことも大事だなと思いました。

それても、もし、二人目を妊娠することになったらまたあの気持ち悪さが、約一年も続くと思うとゲッソリするくらいしんどかったんですけどね。

このページの先頭へ